相続業務案内

遺産分割

当事務所のサービス

遺産分割は、相続人の間で行われるため、争いたくないと思われる方も多いと思います。他方、いったん遺産分割協議書が作成されると、これを覆すことは困難です。
そこで、当事務所は、特別受益や寄与分その他の様々な問題を考慮して、適正な遺産分割案を提案いたします。
無用な紛争の拡大を防ぐため、他の相続人と交渉の余地がある場合には、まずは交渉を行い、どうしても交渉がまとまらない場合に、調停・審判等を申し立てます。
遺産分割は、争いがない場合であっても、遺産や相続人の数が多い場合などには面倒な手続が必要となります。このような場合に不動産登記・預貯金の解約・株式の名義変更等の手続の代行も行っています。

遺産分割の流れ

「相続人調査」戸籍謄本を取得して相続人に漏れがないか調査します。→「遺産調査」不動産・預貯金・株式等のプラスの遺産だけでなく、借金等のマイナスの遺産がないかも調査します。(遺産の範囲に争いがある場合:「遺産確認訴訟」相続人の間で遺産の範囲に争いがある場合、遺産確認訴訟が起こされることがあります。)→「遺産分割協議」弁護士が代理人となって、他の相続人と遺産分割協議を行います。→(協議成立:「遺産分割協議書作成」遺産分割協議書を作成して、不動産登記・預貯金の解約・株式の名義変更等を行います。 協議不成立:「遺産分割調停」家庭裁判所で調停委員が間に入って話し合いが行われます。弁護士が代理人となって、調停期日に出席します。→調停成立:「調停調書作成」裁判所で作成される調停調書に基づき、不動産登記・預貯金の解約・株式の名義変更等を行います。 調停不成立:「遺産分割審判」遺産分割調停が不成立になった場合、自動的に遺産分割審判に移行します。調停を経ずに審判を申し立てることもできますが、通常は調停に付されます。審判では裁判官が遺産分割の内容を決めることになります。)

料金

遺産分割協議・調停・審判の料金は、次のとおりです。
相続人の人数・遺産の内容・事案の難易度等により増減額する場合もありますので、ご依頼いただく前にお見積りいたします。

経済的利益の額 着手金(税別) 報酬金(税別)
~300万円の部分 8%

(最低20万円)

16%
300万円~3000万円の部分 5% 10%
3000万円~3億円の部分 3% 6%
3億円~の部分 2% 4%

※遺産分割 料金早見表はこちらをご覧ください。

遺産分割Q&A

相続ガイドはこちら
無料相談のご予約はこちらまで。弁護士法人 金沢税務法律事務所 076-262-3628
 予約受付時間 9:00~18:00(平日) ※お電話でのご相談は行っていません。 相談30分無料 夜間・土日祝日のご相談も可能
無料相談のご予約 弁護士法人 金沢税務法律事務所 076-262-3628 予約受付時間 9:00~18:00(平日) ※お電話でのご相談は行っていません。