遺産分割Q&A

代襲相続人は寄与分を主張できますか。

代襲相続人(例:被相続人死亡前に子が死亡していた場合の孫)も共同相続人ですから、寄与分を主張できます。

 

まず、代襲相続人は、自らの寄与を寄与分として主張することができます。
この点、代襲原因(上記例における子の死亡)後の代襲相続人(孫)の寄与はもちろんのこと、代襲原因(子の死亡)前の代襲相続人(孫)の寄与も寄与分として主張できるという見解が有力です。

 

そして、代襲相続人(孫)は、自らの寄与だけでなく、被代襲者(子)の寄与についても主張できるという見解が有力です(東京高決昭54・2・6判時931・6・8)。

< 相続Q&A一覧へ戻る

無料相談のご予約はこちらまで。弁護士法人 金沢税務法律事務所 076-262-3628
	 予約受付時間 9:00~18:00(平日) ※お電話でのご相談は行っていません。 相談30分無料 夜間・土日祝日のご相談も可能
無料相談のご予約 弁護士法人 金沢税務法律事務所 076-262-3628 予約受付時間 9:00~18:00(平日) ※お電話でのご相談は行っていません。