相続税Q&A

死亡保険金に相続税はかかりますか。

被相続人(亡くなった人)の死亡により生命保険金や損害保険金を取得し、その保険料を被相続人が支払っていた場合、その生命保険金や損害保険金は、みなし相続財産(本来は相続財産ではないが税法上相続財産とみなされるもの)として相続税の課税対象になります。

 

死亡保険金を取得した人が相続人である場合は、非課税限度額があり、500万円×法定相続人の数となります。
例えば、取得した死亡保険金が3000万円で、法定相続人の数が4人である場合は、3000万円-500万円×4=1000万円が課税対象になります。
この法定相続人の数には、相続放棄をした法定相続人も含まれます。
この法定相続人の数に含まれる養子の数については、こちらをご覧下さい。
ここで注意しなければならないのは、上記死亡保険金は本来は相続財産ではないため、相続放棄をしてもこの死亡保険金を取得することはできますが、この場合、この非課税制度は適用されないということです。
この非課税制度は、相続人にのみ適用されるものであるため、実際に相続をした人が死亡保険金を取得した場合でなければ適用されません。

< 相続Q&A一覧へ戻る

無料相談のご予約はこちらまで。弁護士法人 金沢税務法律事務所 076-262-3628
	 予約受付時間 9:00~18:00(平日) ※お電話でのご相談は行っていません。 相談30分無料 夜間・土日祝日のご相談も可能
無料相談のご予約 弁護士法人 金沢税務法律事務所 076-262-3628 予約受付時間 9:00~18:00(平日) ※お電話でのご相談は行っていません。