相続税Q&A

相続時精算課税を選択した場合、相続放棄はできなくなりますか。

相続時精算課税を選択した場合であっても、相続放棄はできます。

 

もっとも、生前贈与が詐害行為になる場合や遺留分減殺請求の対象になる場合もあります。

 

また、相続放棄をした場合は、税金の計算において相続財産から債務を控除することは基本的にできなくなりますので、ご注意下さい。

< 相続Q&A一覧へ戻る

無料相談のご予約はこちらまで。弁護士法人 金沢税務法律事務所 076-262-3628
	 予約受付時間 9:00~18:00(平日) ※お電話でのご相談は行っていません。 相談30分無料 夜間・土日祝日のご相談も可能
無料相談のご予約 弁護士法人 金沢税務法律事務所 076-262-3628 予約受付時間 9:00~18:00(平日) ※お電話でのご相談は行っていません。