遺言Q&A

自筆証書遺言の作り方を教えて下さい。

自筆証書遺言について、民法第968条第1項は、次のように定めています。

「自筆証書によって遺言をするには、遺言者が、その全文、日付及び氏名を自書し、これに印を押さなければならない。」

まず、遺言者が全文を自分で書くことが必要です。一部でも他人が書いたり、パソコンで書かれていたりすると無効になります。

次に、日付と氏名を必ず入れる必要があります。日付がないために無効となってしまった遺言書を見たことがあるので、気を付けて下さい。他方、住所は、法律上の要件ではありませんが、住所がないと登記等が困難になる場合がありますので、住所は入れておいた方が良いと思います。また、表題も法律上の要件ではありませんが、遺言であることを明らかにするために「遺言書」と表題を入れた方が良いと思います。

最後に、印鑑を押せば完成です。後日、本人が書いたものかどうか争いになる場合に備えて、印鑑は実印にしておいた方が良いと思いますが、認印でも構いません。

以上を踏まえて、一番簡単な自筆証書遺言の見本を作成してみました。見本は、「相続させる旨の遺言」と言われているもので、特定の遺産を特定の相続人に相続させる遺言になりますが、見本では全ての遺産を妻に相続させる内容にしています。

 

qanda_yuigon

 

作成した自筆証書遺言は、封筒に入れなくても有効です。

遺言者が亡くなられた際は、家庭裁判所に遺言書を提出して「検認」してもらう必要がありますが、これに加えて、封印のある遺言書は、家庭裁判所で相続人等の立会いの下「開封」する必要があります。

< 相続Q&A一覧へ戻る

無料相談のご予約はこちらまで。弁護士法人 金沢税務法律事務所 076-262-3628
	 予約受付時間 9:00~18:00(平日) ※お電話でのご相談は行っていません。 相談30分無料 夜間・土日祝日のご相談も可能
無料相談のご予約 弁護士法人 金沢税務法律事務所 076-262-3628 予約受付時間 9:00~18:00(平日) ※お電話でのご相談は行っていません。